水. 4月 24th, 2024

リンゴ


リンゴは繊維とフラボノイド化合物に富む。それらは低カロリーで、喘息や糖尿病の予防に役立ちます。カリウムの良い源でもあります。リンゴにはアルツハイマー病や記憶力喪失を予防すると考えられている化合物ノンシチンが含まれている。また、ビタミンCが豊富です。
リンゴは抗酸化剤の優れた源でもあり、植物化学物質やポリフェノールを含め、これらの物質は抗がん効果がある。研究によると、リンゴをたくさん食べる人は心臓病やがんにかかる確率が低い。食物繊維とビタミンCも豊富に含まれています。中程度の大きさのりんごは、ビタミンCの1日の推奨摂取量の約40%を提供しています。

オレンジ


オレンジはビタミン、ミネラル、保護性植物化合物に富んでいる。これらはビタミンCとカリウム、繊維、葉酸、カロテノイドを含む多くの他の必須栄養素の良好な源である。
毎日3つの果物を食べることは心臓の健康を改善し、炎症を減らし、免疫システムを増強するのに役立つ。登録栄養士のLauren Harris Pincus氏によると、果物はカロリーが低く、炭水化物の天然源であり、血糖値を上昇させることはないという。

グレープフルーツ


グレープフルーツはオレンジとゆずの交雑種で、ピンクと赤の2色があり、皮膚は薄いものから厚いものまでさまざまです。低カロリーで、ビタミンCと繊維の含有量が高く、抗酸化剤が大量に含まれている。
オンス当たり、ビタミンCのトップレベルの果物ソースランキングで3位にランクインし、レモンとオレンジがより高い位置を占めています。カリウムの良い源でもあり、血圧を下げ、心臓病にかかるリスクを下げることができます。

サクランボ


さくらんぼは、甘味と塩味のレシピに甘味を加えることができる多機能なトッピングです。食物繊維や酸化防止剤を多く含み、多くの病気の予防に役立つため、最も健康な果物の1つでもあります。
1杯のさくらんぼには大量のカリウムが含まれており、これは心臓の健康と血圧の低下に重要である。ポリフェノール酸化防止剤も豊富に含まれており、これらの酸化防止剤は心臓病やがんなどの慢性病にかかるリスクを低減できることが証明されている。

By admin