火. 5月 21st, 2024

カロチン類

ニンジンはフラボノイド化合物とβ-カロテンを豊富に含み、肝臓に有益である。肝炎、脂肪肝、その他の病気の予防に役立つビタミンAも含まれています。ビタミンCの源でもあり、ビタミンCは最適な免疫機能に必要です。

カロチン類は脂溶性栄養素であり、胆汁の流れを促進し、肝臓廃棄物を除去することができる。健康的な食事の重要な要素でもあり、心臓病、がん、視力低下の予防に役立ちます。

植物フラボノイド類

ニンジンはあなたの体にβ-カロテンと植物フラボノイドを提供し、この2つの物質は肝臓に有益です。毒素を分解する過程で、あなたの肝臓はフリーラジカルに出会い、これらのフリーラジカルは健康な細胞を傷つけることができます。酸化防止剤はこれらのラジカルを中和するのに役立つ。1本のニンジンは少量の2種類の重要な酸化防止剤、ビタミンCとビタミンEを提供します。

食物繊維

ニンジンは、食物繊維や酸化防止剤など、この重要な器官をサポートするためのいくつかの栄養素を提供しています。

肝臓は人体最大の器官であり、多くの重要な機能を担っている。その一つは、長鎖脂肪を短鎖脂肪酸に変換し、エネルギーに使用することである。肝臓は炎症や血糖も調節する。動物研究では、高レベルの食物繊維が腸管微生物群の多様性を高め、より有益な短鎖脂肪酸を産生することが分かった。

By admin