火. 5月 21st, 2024

ビタミンC

ビタミンCはよく知られた免疫増強剤であり、耳感染、風邪、さらにはインフルエンザの予防にも役立つ。傷の癒合やコラーゲンの産生にも重要であり、コラーゲンは皮膚、血管、骨格、軟骨に重要である。

オレンジ(および果汁)中のビタミンCは、尿中のクエン酸塩水平を増加させることによって腎臓結石の予防と溶解を助けることができると考えられている。鉄の吸収を促進し、巨幼細胞性貧血にかかるリスクを下げることもでき、疲労を招くことがあります。

カリウム

オレンジには大量のカリウムが含まれており、これは心臓の健康に重要である。高カリウム飲食は脳卒中のリスクを下げ、血圧を下げることができる。正常な排便を維持し、胃酸の逆流を防ぐのにも役立ちます。

酸化防止剤

オレンジ色は抗ウイルス、抗菌、抗真菌の特性を持っている。それは白血球の産生を促進することができて、抗酸化剤で、ラジカル損傷を防止することができます。栄養素は健康生活に役立つ植物化合物、ビタミン、ミネラルを大量に含んでいます。これらの栄養素は抗炎症特性があり、心臓病、がん、関節炎、アルツハイマー病、老化など、多くの健康状態のリスクを下げることができる。

心臓の健康

研究により、オレンジは酸化ストレスを防ぎ、心臓炎症を減らすのに役立つことが明らかになった。また、ヘスペリジンやユビキチンなどのフラボノイド系化合物も含まれており、コレステロールレベルを低下させ、高血圧に対抗することができます。

オレンジにはビタミンCのほか、カリウム、葉酸、ビタミンA、ビタミンB、強力な酸化防止剤が豊富に含まれています。それらは食物繊維の良好な源でもある。

By admin