水. 4月 24th, 2024

1.白内障

白内障は、レンズを通過する光を遮蔽し散乱するので、視力をぼやけさせます。これにより、鮮明で鮮明な画像が網膜に到達するのを阻止し、見えているすべてがぼやけて見えるようになります。通常、白内障は徐々に視力に影響を与えます。1つの目または2つの目で発育することができますが、成長速度が異なる可能性があります。白内障の最も一般的な原因は老化であるが、糖尿病や何らかの薬物によるものである可能性もある。

白内障の症状には視力のぼやけが含まれており、斜視時の視力は改善されていない。色を感知する能力にも影響し、色あせや乳白色に見えるようになります。数日続く軽度の曇りは心配されていないが、突然現れた曇り視力はすぐに診察を受ける必要がある。これは神経系に問題があるか、怪我をしていることを示している可能性があるからです。眼科医はこれが眼部なのか神経系なのかを特定し、それに応じて治療を提案する。

2.眼部感染

多くの眼部感染は炎症や感染によって視力を曇らせます。ウイルスと細菌はこれらの感染の最も一般的な原因である。赤目(ウイルス性結膜炎)が一例です。眼球の白色表面を覆う膜が赤く腫れ、視力がぼやけてしまうことがあります。眼瞼縁炎などの他のタイプの眼部感染は、目が濁ったり涙を流したりすることもあり、かゆみや赤み、痛みを引き起こす可能性があります。

感染による視力のぼやけは直ちに治療すべきである。あなたの医者は潤滑液、アイクリーム、抗生物質を内服する可能性があります。場合によっては、目の感染が治療を受けられない場合、恒久的な視力喪失につながる可能性があります。目の感染に頭痛、深刻な目の痛み、その他の「危険信号」症状がある場合は、医師に連絡することが重要です。これらの症状は、偏頭痛、糖尿病、Fuchs氏内皮の栄養不良など、病状がより深刻であることを示している可能性がある。できるだけ早く医者に診てもらうことで、永久失明などの合併症を予防することができます。

3.Fuchs氏内皮栄養不良

Fuchs栄養不良は角膜中の内皮細胞を破壊し、視力をぼやけさせます。角膜中の液体のバランスを取り、角膜の腫脹を防ぐ役割を果たしています。内皮細胞が破壊されると、角膜から液体をポンプすることができなくなります。これにより角膜が腫れ、厚くなり、視力がぼやけてしまうことがあります。

Fuchsの最初の兆候は、朝目が覚めると視力がぼやけ、一日中消えていくことです。病気の後期には、視力がぼやけたり濁ったりする時期が長く続き、より一致する可能性があります。

4.コンタクトレンズ

レンズを正しく清掃したり、推奨されたスケジュールに従ってレンズを交換したり、処理したりしていないため、コンタクトレンズの着用者は視力がぼやけていることがよくあります。間違ったタイプやブランドのコンタクトレンズを装着している可能性もあります。視力が改善されているかどうかを異なるスタイルに変えてみましょう。

コンタクトレンズを装着して寝ることは、時間が経つにつれてコンタクトレンズが目の表面に細菌や破片を蓄積するため、視力がぼやけるもう一つの一般的な原因である。これにより、刺激、目の赤み、かゆみ、朝の光に敏感になる可能性があります。

By admin